いびきをかかない方法は?

いびきをかかない方法は?グッズを使わないでも対策出来る?

良い眠りの質を確保するためには静かな環境が欠かせませんよね?しかし、いびきや歯ぎしりなどが起こってしまう人は、一緒に寝ている方の静かな睡眠環境を壊してしまいます。

このいびきが原因で彼氏とお泊り出来ない、家族と一緒に仲良く寝れないなどのさまざまな問題が発生します。いびきをかく事に健康上の問題点は残りますが、一人で寝ている時には他人に迷惑をかける心配はありませんので、まだ気は楽です。しかし、いざ誰かと一緒に寝ることになると自分のいびきが気になってぐっすりと寝ることも出来ません。

これでは疲れきってしまいますよね?また相手からしても、なぜ一緒に寝るのを拒むのか?と不審に思われてしまいます。

 

そこでこのサイトでは、いびきをかかない方法について詳しく解説しようと思います。

いびきをかかない方法ならサプリを使ってみよう!

いびきの対策にはさまざまなアイテムやグッズが使われています。いびきをかかない方法として最近ではマウスピースや拡張テープやいびき対策用枕が一般的ですが、これはいびきの根本的な問題を解決をするものではありません。

 

また、せっかく彼氏と一緒に寝るのにマウスピースをはめて寝るというのにはかなり抵抗を感じちゃいますよね?枕を持参するのも現実的ではありません。やっぱり、いびきの対策をするにはいびきの根本的な問題を取り除かなければいけません。

 

そのため、いびきをかかない方法としてはサプリを有効活用するのが賢い選択だと思います。

いびき対策用サプリについて

今定番のいびき対策サプリとしては『いぶきの実』がおすすめです。いびきだけでなく歯ぎしり対策としても使用できる唯一のサプリですので、いびき・歯ぎしりの起こる方は試してみると良いかもしれません。

単品価格 6,980円
定期便価格 4,980円
(初回2,490円キャンペーン中)

 

いぶきの実の5つのおすすめポイント
・還元型子エンザイムQ10配合
・安全性・体感を第一に作られている
・歯ぎしりにも対応
・医療出身者が真剣に考え抜いたサプリ
・10日間の返金保証あり

 

↓公式サイトはこちらから↓
⇒http://www.fromcocoro.info/ibuki/

 

⇒商品の詳細はこちら

こちらのいぶきの実を発売しているfrom COCOROさんは元医療従事者の方が開発にたずさわっています。医療従事者の視点で患者さんと接した事により、何とか患者さんの悩みを少しでも減らしてあげたいと思ったことがfrom COCOROさんのスタートのきっかけのようですね。ただ売れればいいというメーカーもある中、とても真面目に悩みのケアについて考えている会社ですね。

いびきをかかない方法の前にいびきのメカニズムを知ろう!

いびきというのは喉の口蓋垂(コウガイスイ)や軟口蓋(ナンコウガイ)が空気の流れによって振動する事で発生します。簡単にいうと、喉ちんこやその周りの組織が振動する事がいびきの発生原因です。

 

ちなみにこれは睡眠時無呼吸症候群の影響です。
⇒睡眠時無呼吸症候群とは?

 

ではなぜ、この喉ちんこや喉の組織が振動するのかというと、仰向けに寝ることにより気道が狭くなり、その状態で他の要因が重なることにより気道が塞がれてしまっているからです。他の要因としては肥満・喫煙・飲酒・顎や下の構造や大きさという事が考えられます。

 

いびきを引き起こす原因No.1 肥満について

肥満の方は喉の周りや顎に脂肪がついてしまっていて、またそれに加えて舌も肥大してしまうため気道が塞がれやすいです。肥満は気道を塞ぐ最大の誘因と言われております。

 

いびきの原因 飲酒について

深酒をした時に大きないびきをかくというのは、喉の筋肉が弛緩してしまうことが原因です。就寝前にお酒を飲む習慣のある方はお酒が原因でいびきをかいている事が多いです。いびき用のサプリに含まれるCoQ10は全身の筋肉の働きを良くします。この作用によって緩んだ喉の筋肉が正常に戻り、気道を確保すると考えられております。

 

いびきを予防したい場合は、まずは肥満の予防・解消、寝酒の習慣をやめるという事が推奨されます。

いびきの治療について

いびきサプリを試したが効果が薄い・いびき対策グッズは煩わしいという場合に、本当にいびきを改善したい場合は診療機関での治療を受けるというのも一つの手です。ですが、いびきの治療はあまり一般的ではないため「病院でいびきの治療をする場合はどんな事をするの?」という疑問が湧いてきますよね?そこで、いびきの治療について軽く説明しようと思います。

 

一般的に大きないびきをかくひとは睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いです。ですので、いびきの治療は睡眠時無呼吸症候群の治療と考えてもらって構いません。また睡眠時無呼吸症候群には閉塞性と中枢性の2つのタイプがありますが、閉塞性のほうが圧倒的に多いので、ここでは閉塞性無呼吸症候群の治療について説明します。

 

問診について

日中の眠気の有無やその強度について色々と質問されます。その他にも生活習慣や自覚症状についても質問を受けますが、睡眠中の事は自身では把握出来ませんので、家族や周りの方からの情報を集めておくことも大事な事になります。

 

検査について

検査は主に自宅で出来る簡易モニターと、病院で行う終夜睡眠ポリグラフ検査が行われます。終夜睡眠ポリグラフ検査は確定診断に必要な検査となっており、簡易モニター項目の他に様々な項目について詳しく知る事が出来ます。

 

治療について

睡眠時無呼吸症候群の治療としてはCPAP(持続陽圧呼吸)が基本だとされています。他にはマウスピースなどの治療もあり、患者さん個人個人に合わせた治療が行われます。

 

CPAP治療について

CPAP(シーパップ)は睡眠時無呼吸症候群の治療の中心として位置付けられています。基本的には睡眠時に鼻にマスクを装着し、そのマスクを通して空気を送り込みます。空気の圧力によって、気道を広げ空気の通り道を確保する治療法です。まれに鼻づまりや軽い鼻血などが起きますが、これ以外の副作用についてはほとんど知られておりません。

 

マウスピース治療について

マウスピースの治療は舌根で気道が塞がれる事を防止するために、下あごを前方に押し出す目的で使われます。比較的症状の軽い方に効果があると言われておりますが、重症の方にも効果がでる事もあります。使用中に顎が疲れたり、歯の本数によって使用できないという問題点も存在します。

 

その他の治療

この2種類の治療の他に、手術が検討される場合もあります。これは、患者が子供でありアデノイド肥大や扁桃腺の肥大がある場合に症状の改善が見込める場合に検討されます。

いびきをかかない方法まとめ

いびきは自分の睡眠の質を下げるだけでなく、一緒に寝る家族やパートナーの睡眠の質も大きく下げてしまいます。毎日の事ですので家族関係やパートナーとの関係に大きく影響してしまう可能性があります。

 

また、睡眠時無呼吸症候群の症状をそのままにしていると、日中の居眠りや判断力の低下を引き起こし社会的な信用を失ってしまう可能性も考えられます。いびきをかくだけだと軽く考えずに、なるべく早く改善に取り組みましょうね!

更新履歴